スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

・・・

金曜日にある友人の紹介で、とある会社が新しい事業を興すということで、打ち合わせに参加してきました。

私はその友人から状況や事業内容を第三者の目として見てもらいたいとの事で参加を行いましたが、とても事業を始められるような状態では無かったように思えます。

» 続きを読む

スポンサーサイト

受験の心得

今日は、診断士1次試験に持参するものや心構えについて自分の経験を踏まえながら書いてみます。

私の場合試験会場は、明治大学でした。
まず、当日試験会場に持っていったリストです。

①おにぎり2個+サンドイッチ+ペットボトルのお茶1本
これは、弁当などのコッテリしたもの持っていくと確実にお昼過ぎに眠くなります。
適度な量を持っていくのをお勧めします。
お昼は周りの定食屋等は確実に混んでいますし、時間的に余裕を持つ意味でも持参した方が確実によろしいかと思います。

②栄養ドリンク2本
これはおまじない程度で持っていったつもりですが、2日目で効果が発揮されました。
2日目のお昼頃になると1日目の疲れが出て、何気に飲んで見たところ集中力が増し、体力的にも1時間ぐらいで劇的に回復しました。頭もスカッとなり本当に必需品です。必ず役に立ちます。

③時計2個+消しゴム2個+シャープペンシル3本
これは、言うまでもありません。予備を忘れずに・・・・

④受験票
③と④は忘れてしまったら受けれない事はないのですが
非常に焦ってしまい。多分試験どころの騒ぎじゃなくなると思います。

⑤長袖
冷房が効きすぎる時がありますのでご用意を・・・。

あと心構えですが
①周りに流されたら確実に不合格です。
当時、私は中小企業・施策の問題がすごく簡単でした。30人~50人ぐらい居た教室は、皆さん途中退室で私を含め最後は5人ぐらいになりました。
ところが、結果を見るとあまり合格者が居なかったようです。周りが退出しているから自分も退出するではなく、最後の最後まで粘り強く何度も見直ししてください。私の場合最後の5分で1問ミスしているのがわかり4点UPしました。
もしこれが、7科目ですと合計28点もアップします。

周りには1点~2点に泣いた方もブログを見ていて散見されました。
途中退室は、受験予備校の影武者か合格を諦めた人ぐらいの勢いで考えてください。

②解答速報はもらわない
1日目でもらって採点しまうと凹みます。もしくは、余裕かましてしまい2日目がボロボロになる可能性大です。

③解答を気にしない
私は、経済学第1問で(ア)となってしまい「え~!!」ってなった記憶があります。いきなり第1問でガチガチに緊張していて(ア)って意表を疲れました。
自分の中では、解く前から(ウ)あたりを予想してたので・・・。
結局正解だったのですが・・・。自信を持って解答してください。

6割取れれば合格です。満点は取る必要ありませんので、半分ちょっと分かればいいんです。
では、頑張ってくださいね。

65歳の挑戦

今日は、ちょっと趣向を変えて・・・。

毎週、土日にとある資格学校に通っています。毎週朝の10:00~16:00で休憩もお昼の1時間程度のみのハードな学校です。

その学校に65歳のおばちゃんがいます。そのおばちゃんと朝ちょっと早めに行った時にお話しする機会があり隣で座って話してました。

そうしたら、今年から学校に通い始めたらしいです。
年も65歳で勉強するのにも体力的にも衰えており、憶えも悪くて結構苦労すると言われました。

でも、彼女は高齢の人で夢を諦めた人に対して自分でもこれだけ出来るのよ。だからアナタもきっとできるよ!!
というのを見せたいと言っておられました。

去年の中小企業診断士試験の統計情報を見ると
60歳~69歳 106名受験(8名合格)
70歳以上   1名受験(合格者なし)
と高齢の方も受験されて、合格者もおられます。

こういうのを見たり、聞いたりすると「合格しなかった」、「勉強についていけなかった」理由として年だからと言うのは、全くナンセンスなような気がします。

しかし自分も年なのか・・・毎日の仕事が遅いのと週末の勉強でドンドン疲れが溜まってきています。勉強できるのも最悪電車の中だけと言うのもあります。

もうちょっと時間が欲しいですね。

Metal Color

中小企業では、技術系の方が多く総じてMetal Colorと呼ばれる方が多く存在します。

実際のコンサルタントの方に聞いた話ですが、営業利益や経常利益と聞いただけで「?」となる社長が数多くいらっしゃると言っておられました。
いわゆる技術畑一筋で、経営や財務に対してあまり考慮されてない方が現実には多いみたいです。

マーケティングを充分にせずに自分が売れると思い投資を行ったり(機器の購入や人員の確保)、赤字にも関わらずいつかこの時代が来ると言ったような・・・。良くある話です。
マーケや経営を学んだ方がこれを目の当たりにすると非常に危険だ・・。と思うと思います。しかし、これが現実です。

残念ながら「定性的」なものだけで「定量的」なものがなにも無い状態です。
「経営は、芸術と科学が半分半分に存在するといいます」芸術だけでは、事業は成功せずまた科学だけでも事業は成功しません。インスピレーションとそれを裏付ける数値が必要となります。

診断士、会計士、税理士の方は、それをどのように・簡単にコンサルできるかがポイントとなってくると思います。

中小企業診断士を受験される方は、独立する方が多いと聞きますので、自分では当たり前と思っている知識が実は中小企業では当たり前じゃなかったりしますので、ご注意ください。

ちょっと話は変わりますが・・・・
私が、あるきっかけで「経営」や「財務」の話をしていてそれに非常に興味を持った方が、全く経営にはド素人だった人が、経営コンサルになりたく、去年簿記3級から初めて、経営の勉強もして今年の夏に超大手の外資系経営コンサル会社に見事転職しました。(ちなみに彼は英語は全く話せません)

自分もメールで色々経営や財務の用語などを教えたり話をしてたりしていたので彼の夢が叶って、非常に嬉しい限りです。

また数ヶ月前に別の方とラーメンを食べた時、財務に興味を持って、今年簿記3級を2ヶ月勉強して、見事に合格したみたいです。(もう結果はきたのかな?)次はファイナンシャルプランナー2級を目指して学校に通うらしいです。
3級教えたから今度おごってもらえるそうな・・・
自分の周りがこのように夢をかなえていくのを見るのは嬉しいですね。

渡邊美樹(ワタミの社長)がテレビ番組で「夢を持つことはいいことです」と言ってました。それに加えいかに具体的に実現していくか、そのプロセスをしっかり踏んでいく事も大切だと思います。
夢は実現して初めて夢であって、実現しなければ所詮、幻で終わってしまいます。
プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。