スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

減価償却

今日は、多少踏み込んだ「減価償却」の損金算入について書きます。

少額資産の損金算入としては、
(1)使用可能期間が1年未満のもの
使用期間が1年未満のものについては、損金算入となります。ちょっと私の身の回りにはありませんがこちらはWEBで調べてみたら色々ありました。

(2)取得価額が10万円未満のもの
少額減価償却と言われる取得価額が10万円未満の備品は取得価額に相当する金額を損金経理をした場合、損金の額に算入されます。
ここで、パソコンのHDDを5万円、CPUを4万円、その他10万円とした場合これらは少額資産に入るかと言うと入りません。パソコンは全てがそろったところで機能しますので全ての合計値が19万円となり少額資産の対象とはなりません。

また一括償却資産の損金算入(取得価額20万円未満については、全部または一部の合計額を一括し、これを3年間で均等償却する一括償却資産の損金算入が出来ます。

と・・・ここで先日の日経新聞に残存価額の損金算入が出来るようになるみたいです。(まだ審議に入るみたいなのですがおそらく実施されるでしょう・・・)
またこの件に関しましては、発表され次第ここで書いて見ます。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

減価償却

減価償却減価償却(げんかしょうきゃく)とは、長期間にわたって使用される固定資産|有形固定資産の取得に要した費用を、その資産が使用できる期間にわたって配分

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。