スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サブノートについて

今日は、中小企業診断士の「サブノート」について書きます。
どういうものを書けば「サブノート」と言えるのか。いまだに私は分かりません。恐らく答えは無いと思います。
あえて言えば、各人が作った自分自身の為に作ったわかりやすいノート。それが「サブノート」ではないでしょうか。

参考までに私がサブノートをどのように作成していってたかを書きます。(あくまで参考です)

①ルーズリーフを買いました。理由は簡単。試験制度が変わる前だったので8冊も9冊も持つのは嫌だった。

②問題を解きました。例えば以下の問題

業界は、ある製品をめぐって原材料、部品等の中間製品、組み立て、
ソフトやコンテンツの開発などのインプットからアウトプットまでの
一連のビジネス活動を担う多数の企業から構成されている。
こうした一連のビジネス活動は、マージンを目指して連結された
『バリューチェーン(価値連鎖)』をなしており、各段階で獲得できる
価値の総額は、製品の生産に必要な資産を獲得する必要最小支払額を
上回る需要によって決まる。
したがって、『この必要最小支払額を低く抑えて、需要を拡大する』ことが重要である。(2003年 企業経営論)

(設問1)
文中の『バリューチェーン(価値連鎖)』に関する説明として最も適切なものはどれか。

1.価値連鎖上で収益性の最も高い部分には、独占的な地位の強い企業が常に存在する。
2.価値連鎖で創造された価値は、業界の協定によって分配される。
3.収益性の高い価値連鎖部分に自社製品を位置づけることは、売上を
伸ばすためには最も重要である。
4.収益性の高い価値連鎖部分は、新規参入を呼び込みやすい。

正解は(1)→解答は合ったに越した事はない。

③間違っているものはどこが間違っているかを検証
④関連する項目をピックアップ
 1)マイケル・ポータ→ファイブフォースモデル(図を描いて理解)
 2)バリューチェーンとは?→図を描いて主活動と支援活動の内容を理解、どこに優位性があるのかを考える(二次対策)
 3)バリューチェーンって何するもの?何に使うの?

これが例えば「ファイブフォースモデル」の問題だとすると、関連して「バリューチェーン」が出てくるわけです。

この繰り返しが「ファイブフォースモデル」「バリューチェーンモデル」に対する知識を確実なものとしてました。

と・・このように1問解き関連項目についてのノートを書き終えるのに30分はかかっていました。

また、ノートで書いていたのに模試とかで問題が解けなかった場合はマーカーでそこをグルグルにマーキングしてました。

それで最後は私にしか読めないグッチャグチャのサブノートが出来上がりました。でもそこには診断士に受かるための全ての知識が盛り込まれていました。

当時診断士試験監督のブログを見てた時、試験当日参考書を読んでる人はほとんど落ちていて、サブノートを読んでる人は結構受かってた。って記事を見ました。それをまに受けてサブノートを私は作りました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。