スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナンバー1からオンリー1へ

中小企業庁のHPを見ていたら、小泉首相が墨田区東向島の「岡野工業」へ視察に言った様子が書いてありました。

この会社は、中小企業界(?)では知る人ぞ知る有名な企業です。わずか6名(社長+社長夫人+社員4名:計6名)で年商6億を稼ぐ町工場です。

クライアントにはアメリカ航空宇宙局NASAからも依頼があり、大企業の開発も手がけております。最近では、「痛くない注射針」の開発を手がけました。

聞いた話によると、ここの技術を盗みたくてトイレを借りに来る人も多いそうです。

中小企業診断士の二次試験(特にマーケ)で「大手のショッピングセンターが進出してきた」と言う文言を良く見ます。
岡野工業は東京にある為、ある意味大企業が周りにあり脅威(T)だらけです。しかし、なぜここはこのように売上げもあり、ある意味岡野工業ブランドが確立しているのでしょうか?

その答えは、ここにありそうです。


これを見ると、中小企業診断士二次試験では出てこない(机上の理論では解明できない)部分が色々あるような気がします。

二次を受験される方は、これを読んで「今後、この会社は接待を強化すべきである」とか言う答えはしないでくださいね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。