スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

持ち株会社について

最近、持ち株会社が急増しています。私の取引先等でも持ち株会社に変更する企業が多く見受けられます。

でも、なぜ持ち株会社になる必要があるのか?私は疑問があります。これは個人的な意見で、持ち株会社に所属している方や今からなろうとされている会社にお勤めの方は聞き流してください。

そもそも持ち株会社とはどのような組織なのかそのメリットとデメリットは?ここでは純粋持ち株会社でお話をします。

純粋持ち株会社は、その企業自体での事業は行わず配下の子会社の株の運用により事業を行っていく会社です。
第2次大戦後のGHQの財閥解体により持ち株会社を禁止しました。しかし1997年に独占禁止法の改正により日本でも持ち株会社が設置可能となりました。

持ち株会社のメリットとしては、、①M&Aが容易になる、②意思決定が迅速になる、③事業責任が明確化する。
デメリットとしては、①セクショナリズムの進展②組織の再々編が困難とあります。

でも、上記のメリット/デメリットを見ると事業部制のままでも良いのではないかと感じます。

確かに持ち株会社にしてコンツェルンを構築し、企業価値やブランド力を向上する他のメリットも大いにあります。

しかしながらこの持ち株会社への移行がリストラの引き金になっているのも否めません。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。