スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

企業物価指数について


平成14年度版の経済財政白書には、素原材料の物価が上昇しているにも関わらず、企業物価指数が上昇せず平行または下落を表すグラフが載っていました。

ところが2006年2月6日の内閣府が発表した経済指標には、以下のような事が記述されていました。

////////////////////////////////////////////////////////////////
原油市況高と円安で上振れている企業物価の最終財

・企業物価の国内需要財を需要段階別にみると、長らく前年比で下落が続いてきた最終財が、11月以降、上昇に転じている。

・足元での最終財の上昇には2つの特殊要因が働いている。1つは石油製品の上昇である。石油製品の上昇は外生的な原油市況高を要因としており、国内の需要動向を反映した変動ではない。

・もう1つは、為替要因の存在である。企業物価の国内需要財は国内品と輸入品(円ベース)で構成されており、消費者物価と同様、国内での需要分全体の価格動向を把握できる利点がある。しかし、円ベースの輸入品価格は、契約通貨建の価格に通貨ごとの対円レートを乗じて算出されるため、為替による影響を直に受け、足元では円安により大きく上振れている。

上記の特殊要因を除いた最終財の指数を試算してみると、依然として前年比での下落が続いているものの、下落幅の縮小傾向は確認できる。
/////////////////////////////////////////////////////////////////

こちらを簡単に説明すると、企業が物を作るための仕入れの材料費の物価が円高や石油高の影響を受けて高く推移してきたが、企業は最終製品にそれを反映してこなかった。これが平成14年度です。
ところが企業は景気の上昇に伴い、仕入費の物価の上昇を最終製品の値上げを行うことを行い始めたしかし、それは相変わらず下落を続けているがその幅が縮小され始めてきた。
と言う事です。

企業物価指数がそのまま下落するとどうなるかと言うと、企業の利益(儲け)が縮小されると言う事です。これが少しずつ改善の兆しが見えてきたみたいです。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。