スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中小企業診断士2次の解法について(ポイント)



今日はパターン化するつもりは無いのですが、2次の解法について思いついたものをいくつか書いてみます。

(組織・人事事例)
1)ドメイン、経営理念
これは、組織・人事事例でもっとも重要になってきます。これが与件に無い場合は、ほぼ解答のどこかに「経営理念を確立し、ビジョンを浸透させる」の文言が入ってきます。
組織・人事事例を解く際は、このあたりを十分注意してください。

2)年功制賃金から業績連動型賃金へ
過去の事例で人件比率が出ていました。この際は、もう必然的に業績連動型賃金への移行が解答で出てきます。その際は、まず最初に経営陣の給与カットをお忘れなく。
間違ってもリストラを提案してはいけません。(中小企業は、雇用を創出する場を提供すると白書にも書いてますので、そこでリストラなんかしたら診断士の資格無しって言われちゃいます。)

3)ファイブフォースとバリューチェーン
与件に外部環境と内部環境が出題された際に単にSWOTだけではなくファイブフォースとバリューチェーンによる視点も大切になってきます。
例として、「この事業は今後成長が見込める事業であり、競合他社の参入による価格競争が想定される」普通に読めば脅威になりますが、ファイブフォースで見ると新規事業者の参入→参入障壁の低さというような解答も導き出されます。


(マーケティング事例)
1)ITの活用
これは、もう出題必須です。
基本的な考え方として、プッシュ戦略とプル戦略をベースに解答を構築します。
プッシュ戦略として、お店のコンセプトを表現、サンプル品の提供
プル戦略として、来店を促すために○○を行う。この来店頻度を向上が目的になります。

あと掲示板による消費者との情報交流もお忘れなく。また新商品を開発している店舗や製造業の場合は、この掲示板から新商品の開発に展開していくことも可能です。

2)ブランドについて
よく商品をファミリーブランドとして販売すると言うような解答が見られますが、ブランド・エクイティを享受するためにすべての商品がファミリーブランドとして提案できるわけではありません。ブランドを投入する市場の特性、ブランドイメージ・特性で「ファミリーブランド」「個別ブランド」「ブランド・プラス・グレード」「ダブルブランド」の4つがあります。
それぞれ
標的市場(同)、イメージ(同)・・・・ファミリーブランド
標的市場(同)、イメージ(異)・・・ダブルブランド
標的市場(異)、イメージ(同)・・・ブランド・プラス・グレード
標的市場(異)、イメージ(異)・・・個別ブランド

以上のようになります。

(生産事例)
1)撤退か継続か
中小企業診断士2次試験において、よく事業を撤退するか継続するかという問題に直面します。財務事例だとNPVや投下資本収益率等で価値を計算するのもありますが、生産事例などでは数値が出てきません。これは単純にSWOTで求めることができます。その事業の外部環境が価格競争等や不利な環境に陥り、オペレーションでも回避できない場合はその事業は撤退になります。

2)期間山積計画法か時点計画法か
生産管理において、受注生産形態をとっている事例で、「毎週○曜日に営業と製造部が翌週の生産計画を策定している」→「飛び込み受注に対応できない」となった場合は、ほぼ100%で生産計画を期間山積計画法から時点計画法に変えても問題ないです。ただし、ここで注意が必要なのが短期間サイクルの期間山積計画法も考慮に入れてください。時点計画法では対応できない場合もありますので。

3)QCDについて
これは、もっとも基本的でもっとも見落としやすいポイントになります。生産事例に出てくる企業は必ずQ(品質)C(コスト)D(納期)のいづれかに問題を抱えています。
まずこのQCDを念頭に与件を読むことが大切です。

(財務事例)
1)売上高対総利益率か売上高対売上原価率か
財務分析においてこれは、非常に迷うと思います。私もこれに苦しめられました。「価格競争が激化しており、製品単価の値下げによって対応している」場合は、売上高対総利益率。「資材の高騰や石油の高騰により、利益が縮小傾向にある」場合は、売上高対売上原価率になります。

2)与件の重要性
解答に落とし込む際には、財務情報のみに気が行きがちですが、必ず与件の戦略的な部分も一緒に解答に落とし込むことが重要です。
事業のNPVがマイナスになったから撤退とかでは無く、その事業においてノウハウの蓄積がされていないとか、価格競争が激化して製品単価が原価割れしているとか。

まだ他にもポイントがあります。それは、いづれ・・・
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

はじめまして。
非常に参考になりました。
二次の方向性がイマイチまだ
つかめないので。
プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。