スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事例のパターン化その2

事例を読む際に設問から読むのか、与件から読むのか・・・。と悩んだことがありました。結局「自分の解きやすい方で読めばよい」と言う結論に達し設問から読むようにしました。その際に注意点としては、その質問が何を問うているのかを一言で表すことです。
【例】マーケティング事例
Q1外部環境の側面から分析せよ⇒(SWOTの)OとT
Q2全社的な戦略を述べよ⇒3軸ドメイン(ストアコンセプト)、S⇒O、T回避
Q3どのような配置をとれば良いのか⇒MD戦略(レイアウト)
Q4度のような販売戦略を行うか⇒MD戦略(プロモーション)

といった具合に・・・これを5分以内で行います。(出来れば3分)
その後、与件を見て行くのですが、ここでのポイントは「段落ごとに何を言いたいのかをまとめて自分がコンサルだったらどうするのか。」を考えます。

【例】マーケティング事例
 B店は、無添加、無農薬の農家と契約し安全でおいしい野菜を直接買付けを行い販売をしていた。この野菜は近年の健康ブームを受け地元の健康志向の住民には評判が良かった。しかし、数量が限定されており品切れを起こすことが頻繁に発生していた。B店店長は品切防止の為に野菜卸業を営む大手Z社からの仕入れを同時に行うことにした。このZ社はGMSや大型スーパに野菜を卸している業者で、以前よりも野菜の種類が多くなり品切防止にも歯止めがかかると思われた。

とこの段落で何が言えますか?私が考えるのは以下の通りです。
①B店の強みが喪失し、他社との競争優位性が失われる⇒卸との取引を止めて元に戻す
②Z社と組むことにより他社と品揃えにおいて同質化戦略⇒優位性の喪失⇒卸との取引を止めて元に戻す
③品切を起こす理由は⇒他の与件を見ないと分からない。もしかしたら長期契約で回避または、他の農家と契約が出来る余地がある。B店店長のネットワークは?etc

ここまで試験中には書けないでおそらく私だと
①競争優⇒失 元戻す
②同質化⇒ダメ
⇒Z社取引×。仕入 農家
③品切発生⇒?

って感じになります。本当にZ社との取引を止めるかどうかは、最後まで読まないと分かりませんが、この1段で中小企業診断士としてOKなのかNGなのかの判断は2次を受けられる方だったらすぐに分かると思います。

後は、各段落ごとにコンサルしてみて設問に対してコンサル結果をつなぎ合わせたら解答の出来上がりとなります。

弱みが出てきたら打ち消すためにどのような事をするのかを前後から判断し脅威を回避するためにどうするかを判断していきます。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。