スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BSCについて

去年の中小企業診断士の二次試験(組織・人事事例)で、経済性の観点から述べよと言うのがありました。予備校によっては、一般論で解答しているところがいくつかありました。

二次の事例で一般論で解答するのはタブーです。一般論解答する試験は一次試験なので二次試験では、一般論で解答しないで一般論を念頭に置きながら与件に沿った形で解答してください。

これが顕著に現れるのがマーケティング流通事例だと思います。「インターネットをどのように活用すればよいか答えよ」と言う問題があります。
ここを一般論で「掲示板の活用」「DMの配信」「ブログの活用」等々・・・。と数限り無く出てきます。これらをランダムに書くと正解でしょうか?おそらく不正解となります。
インターネットを必要とする与件を抜き出してそれを解答に落とし込んで行くことが必要です。

今日はBSC(バランス・スコアカード)について書きます。
1992年のハーバード・ビジネス・レビューにバランス・スコアカード(BSC)による業績評価が発表されました。

これは、企業の戦略が実際の業績にどのように影響しているかを具体化するための評価手法になります。BSCは大きく4つの視点より総合的に評価を行います。
1)財務の視点
2)プロセスの視点
3)成長・学習の視点
4)顧客の視点
一見上の4つを見るとバラバラのように見えますが、実は会社の業績を全て網羅した視点である事が分かります。

1)財務の視点について
売上高対経常利益率、自己資本比率、流動比率等
2)プロセスの視点
サイクルタイム、歩留率、特許件数等
3)成長・学習の視点
従業員満足度、教育実施回数等
4)顧客の視点
顧客満足度、来店頻度、新規顧客獲得数

最近、このBSCは日本でも注目を浴びています。二次の組織事例でも出てきそうなので今回BSCについて書いてみました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。