スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起業する際に個人事業主と法人はどちらが良いか?

【今日のコラム】なるものを最後に追加しました。

独立する際に個人事業主と法人はどちらが良いか?と迷われる方はたくさんいると思います。私個人的な意見としては、総合的に考えて法人化するほうが良いかと思います。
会社法制定により、最低資本金制度が廃止(一応前からありましたが)になり起業しやすい環境が日本でも出来上がりました。(これで「開廃業率の逆転現象」が少しは良化すると思います)

1.税制面について
これは、経費をどれだけ使うかによります。ほとんど経費が無ければ課税所得が同じと考えられるのでそれほど差異はありません。ちなみに経費には数十種類ありますのでお近くの税理士、会計士、中小企業診断士(一応言ってみました)にお問い合わせください。

起業した際、事務所を借りずに自宅で行われる方が多いと思います。個人事業主で自宅で開業した際に経費の中で私が考える最低限必要なものとしては、
・旅費交通費
・広告宣伝費
・接待交際費
・通信費
・修繕費
・消耗品費
・支払手数料
・雑費
があると思います。これだけあれば法人化した方がいいのでは・・・と私は思います。
これらを経費として処理し、税前利益が減少し課税所得が減少します。

「こんなの面倒だから、自分の給与から払えばいいんじゃない?」とお思いの方、いつまでたっても儲けが出ません。(=廃業もしくは倒産です)起業は本来、非常に面倒でややこしいものなのです。
最近は、「電子公証制度」により定款の認証について印紙代が大幅にカットできるようになりました。便利な世の中になったものです。

2.健康保険/年金制度
これは、圧倒的に起業が有利です。年金についても3倍~4倍多くもらうことが出来ます。
年金なんか俺らが年取る頃にはもらえないよ!!って思ってる人も多いですが、これもまた安易な考えと思います。実際に自分が年金をもらう頃にはいくらもらえるかご存知でしょうか?的確に予想される数字を答えられる方は少ないと思います。

(今日のコラム)
近年、IT業界においての起業する人が多くなっています。理由は「参入障壁が低い」「撤退障壁が低い」「知識集約型ビジネス」のためです。裏を返すと競合他社が多く、競争優位を確立する必要があります。ありきたりのビジネスモデルでは成功しません。

他社には無い優位性(他社がやっていないビジネスモデル)を確立してニッチ市場のニーズを把握し、ビジネスを展開していく必要があります。技術力だけでは万年下請けで終わる可能性もあります。
またこの業界は、個人情報保護法やJ-SOX法などの制約条件が今後(現在も)考えられます。

企業はゴーイング・コンサーンですので、持続を行ってください。また経営計画も必要です。計画通りに行かないは人生も企業も一緒ですが、ある程度のビジョンを持って進まないことには目標が達成したかも分からず、経営者にとって「ハーズバーグとピッツバーグの動機付け」も出来ない状況になってしまいます。

経営の基本であるPDCAを回して、ゴーイング・コンサーンとなって行くことは非常に難しい課題ではありますがそれを乗り越えてこそ企業として成長して行けるものと思っております。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。