スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インフォマーシャル

【今日のひとこと】
 いつもは、家でこのブログのネタを考えているのですが、今日はちょっと変わった所からブログを書いています。訳合って暫く書けませんでした。
 今月の税理士・会計士・簿記1級受験者向けの「会計人コース」の付録に電卓いらずの簿記力チェック(基礎論点編)がついてました。簿記3級~1級までの問題が満遍なくあり、簿記論に弱い方は基礎固めによろしいかと思います。(かく言う私もこれを使い毎日1問づつチェックを行っています。)
※ご訪問された方は、一言でもいいのでコメントくださいね。最近モチベーションが落ちていて書く気力がないので励みにしたいと思います。

【今日のコラム】
 今日は、「インフォマーシャル」について書いてみます。数ヶ月前~数年前に夜の番組で「東京ワンダーツアーズ」と言うドラマがあったのを見た方はいらっしゃるでしょうか?
 白石美帆さんと小泉孝太郎さん、要潤さん、藤村俊二さんが出演されてたドラマで東京の魅力的な場所を依頼者に紹介して行くというドラマでした。
 ここで、画期的だったのがCMが無い(本当はあるのですが)ドラマだったと言うことです。例えば
1)ドラマの中で出演者のAさんが外に出た瞬間に携帯が鳴る。
2)隣にいた部下が「あれ?それって新しく出た携帯じゃないですか?」
3)「そうそう、この機能が・・・・・」
4)次のシーン(ドラマ)が始まる
と言った感じでドラマとCMの境目が無くなってシームレスにドラマ⇔CMに移行して行きます。

これは、最近流行のHDDレコーダのCMスキップ機能が機会損失を減少させているためだと言われています。

これに関して実際に野村総研が以下のような調査結果を発表しています。

NRIでは「平均CMスキップ率64.3%」と、HDDに録画した番組の視聴割合である「平均録画消費率34.2%」、2004年から2005年の「HDR普及率」を、公表されている企業の年間テレビ広告費(電通の「日本の広告費」2004年の数値)に掛け合わせると、2005年のテレビCM市場の約2.6%、金額にして約540億円の価値が失われると試算した。NRIは、「HDRの世帯普及率は今後も伸び続けることから、今後さらにテレビCMの価値は損なわれていく恐れがある」としている。

話は元に戻り、「東京ワンダーツアーズ」は上記の脅威を回避するために実験的に深夜枠で行ったと思われます。これを一般的に「インフォマーシャル」と言います。

今後は、このような番組がHDDレコーダの普及と共に増えて行くような気がします。

スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。