スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原油高

文字色【今日のひとこと】
最近ランゲージチャンネルを契約して英語の勉強にいそしんでいます。TOEFLがないのでTOEICを行っています。なかなか良くできたWEBです。費用対効果は結構いいと思います。

英語耳はまったくやってないのでいまだ1歳です。
文字色【今日のトピックス】
昨日に続き今日もマクロ経済(世界)についてですが、本日は原油、先物、為替の観点から書いていきます。
【原油高の高騰】
最近ガソリン代が高騰しています。これは、NY株式市場の高騰や中国・インドなどの途上国の発展など世界的な好景気に関係があります。
「世界的な景気の上昇→原油を使う機会が増える→原油不足→原油の高騰」といったチャートが出来上がります。ですので昨日述べたサブプライムローンによりNY株式市場が暴落したときには当然逆の事(原油価格の暴落)が起こります。

この原油高の高騰によりどの国が恩恵を受けるかと言うと石油原産国である中東地域の景気が上向いてきます。
また原油高騰に伴い資源を持っているカナダ、オーストラリアの資源を持っている国についてもまた景気が上向いてきます。

【金利について】
特にオーストラリアに至っては5.25%と高く日本人にもボーナス時期に外貨預金として購入する方が多く6月、12月は対円で高騰します。
ちなみに政策金利とは「中央銀行が市中銀行にお金を貸す場合に、適用される金利のことで、公定歩合とも呼ばれます。」
日本では、「無担保コール翌日物レート」アメリカでは「フェデラルファンド(FF)金利」と呼ばれます。

【先物取引について】
原油の価格は商品先物取引に分類されます。将来一定条件で受け渡しを約束する取引が先物であり、受け渡しを約束した期日以前なら、都合の良い価格帯で反対売買を自由に行い、差金だけの受け渡しで差金決済することができます。もちろん商品を実際に入手する受け渡し決済も可能です。
いわば原油がこれから上がると見込まれた時に先に買っておいて後日転売する事によりその差額を得ることができます。
この先物に関しては「委託証拠金」で行います。いわばレバレッジを使用しますのでハイリスク・ハイリターンでトラブルも多いのが現状です。
私も先月FXで1週間でウン万円がウン十万円になりましたがこれもレバレッジで2000万円の取引を行いました。(ちなみに現在はお休み中です)
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント :

プロフィール

Hiro

Author:Hiro
起業しました。毎日大変な日々を送っています。

世の中不況ですが負けずに売上げを伸ばして行きたいです。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。